商品カテゴリー

コラム - あったかコラムに花が咲く

夏のむくみには冷え対策?!

2018/10/26


 
夕方になると、太ももやふくらはぎがパンパン。
いや~なかんじだけではなく、足が太くみえてくる女性の大敵、むくみ。
実はなんと、むくみには「冷え」が深く関わっているようです。
今回は、そんな夏のむくみと冷えについて詳しくご紹介します。
 

むくみってなに?

 
むくみとは一言で言うと、「余分な水分が皮膚の下に溜まっている状態のこと」を言います。
 
通常、身体にある水分は、摂取と排出を繰り返す身体の働きによって一定量に調整されています。ところが、何らかの原因でこの循環が滞ることで体内(皮膚の下)に水がたまり、むくみがおこるようです。
 
一般的には、筋肉量の少なさやホルモンバランスの関係から、男性よりも女性の方がむくみやすい体質であると言われています。
 

むくみは夏場が要注意!

 
とくに、夏場はむくみに要注意な季節です。
夏になると、冷房の効いた涼しい室内で過ごすことや、ひんやり冷たいものを口にする機会が増え、身体が冷えた状態になりがちです。
身体が冷えることで水分の代謝が滞ってしまい、むくみやすくなるのです。
 
さらに、気温が暑くなると室内で過ごすことが多くなり、運動不足になりがちです。
そうすると、血の巡りが悪くなり、むくみにつながってしまうようです。
 

オススメのむくみ対策

 
むくみ解消には「冷やさないこと」が重要なようです。
それでは、気軽にできる夏のむくみ解消法を3つご紹介します。
 
①ぬるめのお湯でゆっくり入浴
 
まずは、むくみの大きな原因である冷えを解消することが大切です。
35度から40度のぬるめのお湯にゆっくり浸かり、身体をしっかり温めましょう。
さらに、炭酸入浴剤を入れることで、入浴効果が高まり血の巡りがよくなるのでおすすめです。
さらに、入浴には水圧によるマッサージ効果があるため、むくみ解消にも役立ちます。
 
②夏場にできるちょっとした運動
 
夏の暑いときは、とくに疲れやすく運動不足になりがちです。
そこで、早朝や夕方など過ごしやすい時間帯に散歩をする、室内でストレッチをするなど、自分のペースで取り入れやすい運動を日常に取り入れてみましょう。
 
③身につけるものに工夫を
 
暑くて汗をかきやすい夏。そのままでいると、不快感だけではなく、むくみに大敵な冷えにつながります。日中は下着を一枚、寝るときには身につけるものを発汗性のあるシルクや化学繊維にすることで、冷えから身体を守り、むくみの対策を心がけましょう。
 
いかがでしたでしょうか。
夏のむくみ解消には、日頃のちょっとした習慣がポイントのようです。入浴や運動など自分のペースで楽しみながら、生活に取り入れることができるといいですね。
みなさんで、夕方もスッキリ脚めざしましょう♪

営業カレンダー営業カレンダー

  • warmbizバナー
  • 調整用