商品カテゴリー

Hai♪もちママ

もちはだサイト管理人が日頃思うことを綴ってます。ホット一息入れてくださいね~♪

2018/04/30ダッチオーブン売り場でまなんだこと。

キャンプや外ごはんの楽しい季節になってきました。

先日、久々に訪れた大型スポーツショップでもキャンプグッズのコーナーは家族連れでおおにぎわい。

今は、「手ぶらでキャンプ」とか「グランピング」とか、
面倒な道具類はナシで楽しむのが流行りだとおもっていたので少々驚きました。
あの面倒さもキャンプの楽しみの一つと思っているわたしとすれば、少々うれしくもあるのですけれどね(笑)

そんな中、もやもや出来事ひとつ。

お隣の棚の前で腕組みをしていた男性が、店員さんにたずねる声が聞こえてきました。
男性の後ろでは、幼稚園前くらいの男の子とお母さんらしき女性が楽しそうにおしゃべりをしています。

「あのーダッチオーブンって何が作れるんですか?」

店員さん。
「カレーが作れますよ。」

わたくし、思わず振り向いてしまいました。

続いて、

「ガスでも使えますか?」

「はい、ガスは一番便利に使っていただけます。」

・・・。
これ以上聞こえてくるのがつらくなって、その場を離れました。

お客さんからすると
店員さんは、自分の知らないことを教えてくれる人だと思って質問しているわけで。

アルバイトの店員さんかもしれません。
キャンプグッズ売り場に配属になりたての店員さんだったのかもしれません。
そういうことはよくあると思います。

それなら。
詳しい人に説明をしてもらえばいい。

知らないのに、知ってるふりは、本当によくないと思うのです。

知っているだろうということが大前提で質問されたことに対して、
「知らない」というのは、かなり恥ずかしい。

だけど。
大切なのは、製品の魅力を正しく伝えることなのであって
もし「えー」という顔をされて恥ずかしかったら、次に備えて勉強すればいいんだと。

  
   
あー、やっとすっきりしました(笑)

  

てなところで、
ダッチオーブンのステキさをお伝えしたく
先日のお庭ごはんをちょこっとご紹介。
  

煮込み料理は、豚モモ肉のかたまりはとろとろ、とにかくビーンズが美味しすぎた♪
ローストチキンは、お野菜に岩塩がかかって辛かったので、星ひとつ(笑)
  
次は、近日ピザらしい。
あー楽しみー(^.^)

  
GWも中盤になりました。
皆さん、すてきなGWになられますように♪

  

2018/04/14大切にお届けしたいもの。

よく行くお店でのちっちゃなできごとに、ずぅーっと頭が占領されています。

舞台は、いわゆるフツウの町の喫茶店。

訪れている人の年齢層も幅広く、
休日は家族連れでモーニングセットを楽しむテーブルもあれば、
おしゃべりに花を咲かせている女性のグループもあり、
コーヒー片手に雑誌や新聞を読んでいるお一人さまもちらほら。

店内は、天井が高く適度な音量のBGM、座席は分煙されていて、
グループ用の席が6~7テーブル、通路へだてた壁際には二人席が並ぶように配置されています。

わたしもその壁際の席で、本を読みながらコーヒーをいただいていました。
テーブル席からは、休日の朝らしくご家族連れの子どもさんのにぎやかな声も聞こえてきます。
楽しそうです。

お隣の老夫婦が席をたたれたあとしばらくして
4~5歳くらいのお子さん3人を連れたお母さんグループが来店、
お店のかたが人数分の椅子のあるグループ席を案内されました。

すると、その中のひとりのお母さんが、
壁際に並んでいる二人席のテーブル2台をくっつけてほしい、椅子も運んでほしい
とお店のかたに言いました。

少し困った様子ながらも机と椅子を動かされて、
おひとりで本を読んでるお客さんと
ゆったり会話をしながらお茶の時間を楽しんでいる風な二人連れのお客さんの間に、
2台のテーブルがくっつけられた島ができました。

テーブルにはおもちゃがならび、対戦ゲームが始まりました。
子どもさんたちは、お行儀よくおもちゃで遊んでいます。
ただ、そのおもちゃが、プラスチック製のゲームで白熱するとガチャガチャ大きな音がなるのです。

まず、二人連れのお客さんが席をたたれました。
そのつぎに、新聞を読んでいた男性が席をたたれ、続いて左隣の女性がお会計に向かわれました。
みなさん、たまたま出ようと思っていたタイミングだったのかもしれません。
わたしは、読みかけのコラム記事を読み終えてお店を出ました。

この喫茶店での出来事がもやもや頭を離れないのは、
たぶん。
自分がお店の人なら、こうありたいな。と考えてしまってるから。

店内は、テーブル席のスペースと壁際の二人席のスペースの間はひろめの通路にレイアウトされています。
どちらのお客さまにも、気兼ねなく心地よい時間を過ごしてほしいというオーナーさんの想いが感じ取れます。

喫茶店というところは、コーヒーという形あるものを通して、心地よい時間を提供してくれているのだと思うのです。

じゃあ、どうする?

お店側のわがままだと思われるかもしれないけれど、
テーブルをくっつけてほしいとおっしゃるお客さまに、
二人席は静かにくつろいでいるお客さまが過ごされていることをお伝えして、
テーブル席の不都合が何なのかをおたずねする。
おそらく。
お客さまは単に席を選ぶ感覚だけで依頼をされていて、
お店側の思いを伝えると、あらそうなんですね~ってことでテーブル席につかれるようにも思います。
もし。どうしてもの事情が存在するなら、
二人席のお客さま方にひとことおことわりをしてからテーブルをくっつける。

いろんな考えややり方があって、正解はひとつでないでしょうし、主張するつもりもありません。

ただ、自分でもわからないくらい、このちっちゃな出来事が頭から離れなかったので
わたしが今、大切にお届けしたいと思っているものをここに書き留めておくことで
「済」にしちゃおう というこんたんです(笑)

雨降りしっとりな土曜の夜。
皆さんにとってもゆったりな週末になられますように♪

2018/04/07もちはだ10年パーカー。

すっかり春と思ったら、今朝はひんやり。
また、もちはだのパーカーをひっぱりだして着ています。

わたしの冬の定番スタイル、もちはだSPORTSパーカー杢グレー。

先日、お世話になってる方に「それ10年くらい着てる?」と言われました。
知り合って10年あまりのこの方にとっては、わたしの冬のイメージはコレ以外にないってことのようで(笑)

いやーさすがに10年ではないですが、ここ数年、複数枚で毎日着回してるのは間違いなく。

季節の終わりに毛玉取り器でメンテしておけば、翌シーズンも風合い変わらず、
もちのろん、あったかさは変わらず、起毛もへたることなく、生地も傷むことなく。

見た目の多少のゆるみ具合は、
わたし的には、むしろいい感じに育ってきてるなぁ~と。

速い、手軽、効率がよいことに価値があるという風潮のなか、
「時間」は、ていねいに紡いでいる人にしか手に入れることのできない
極上エッセンスだと、わたしはとらえています。

もちはだ10年パーカー。

衣類のアイテムによっては、ワンシーズンや数ヶ月で買い換えが適正なものもあるでしょうが、
生産行程においても、身に着けることにおいても
時間は、目に見えない何かを注いでくれるのだと思うのです。

点を結んで線になり、線を並べて面になる。
点には乗らない思いや出来事も
面なら乗せることも包み込むこともできる。

時間はみーんなに同じに流れてる。
宝ものにするかしないかは自分次第ってところもいい感じ。
今をていねいにつむいでいけば、より広大な未来が開けていく。

ちなみに、もちはだを育てるには、
コードレスではない、毛玉取り機が、いいあんばいのようです。
なぜなら。
ゆっくり円を描くように、身頃・袖・フードのそれぞれの表裏をなぞっているとそこそこ時間が必要で、
途中でパワーが落ちてこないように。
みるみるキレイになってワクワクするのを中断しなきゃならないなんてもったいなすぎる(笑)

今年のMYテーマ。
時間と暮らしとお仕事と。

今日もみなさんにとってもよい日でありますように♪

2018/03/21「とっておき」

考えている事柄にぴったりくる単語がおもいうかばず、
言葉探しの休日、3冊の本を一気読みしました。

そういえば。
以前読んだ本に、文章にも「色」がある と書かれてあり、
みょうにしっくり来たことがあります。

文章の色。
言葉選びの傾向とでもいうのでしょうか。
自分が書く時によく使う単語って、
割合と決まっていたりして、
単調な繰り返しにならないように別の言葉に置き換えようと考えるときも、
同じ色の言葉を選んでいたりする。
  
そして、自分と同じ色ながらも上級編の言葉を使われている方の文章を目にしたとき、
それはもう、ワクワク感がたまらない。
それこそ、ビビッときた感じ。
一気にその筆者の方が、憧れの存在になるわけです。

わたしにとって、今のそれは、とある女優さんのインスタグラムのコメント。
とにかく言葉選びのセンスがばつぐんに素敵なのです。

あー、この言葉使いたかったんだ
って思うことばかり。
でも、自分の引き出しからは出てこない上級編。

つい最近では、「とっておき」ということば。
なんと上品でやさしくて凛としたあったかみのある表現。
特別 でもなく、大切 でもなく、極上でもない。
そう「とっておき」という言葉の響きがなんともググッとくるのです(笑)

今、この文章を書きながら、
金色丸の「いぬくんれん」をしています。
sarryはボールを投げると持ってきていましたが、
金色丸は、ビニール袋を丸めたカシャカシャと音がするのがお好みのよう。

  

むふ。
絶妙です、「いぬくんれん」という表現。
じつは、この言葉もかの女優さんのコメントによく登場するものです。
ちなみに、もちはだが衣装提供させていただいたTVドラマに出演されていました。
寒さまっただなかのロケ、すこしでもお役に立てたかな。
https://www.instagram.com/p/BeauYstB8ld/

わたしは何かを表現するとき、話すより書くタイプ。
プロの表現者の方々の足元にも及ばないけれど、
発信することを止めることなく、
書き言葉をより磨いて、ていねいに心を伝えていきたいなと思うのです。

2017/12/31今年も大変お世話になりました。

2017年も残り数十分になりました。

楽しいこともしんどいこともオモシロイこともいろいろあった1年でした。

 

失敗もたくさんありました。

落ち込んでいる間もなく、次の失敗がやってくることもしばしば。

それでもチャレンジすることをやめないでいたら、

前回できなかったことが、できるようになっていたり、失敗だと思っていたことがいい結果につながるという体験もさせてもらいました。

 

スマートではないけれど、華やかでもないかもしれないけれど、

自分の中の「カッコいい」をこれからも大切にしていきたいと思います。

 

そして、くりかえしチャレンジをする機会をもたせてもらえること、

そして、温かく見守ってくれる人達、そして支えてくれるスタッフのみんなに心から感謝です。

ステキな1年をありがとうございました。

 

来年も自分に与えられている役割をしっかり自覚し、

みんなで一緒に笑える1年にしていきたいと思っています。

みなさまもどうぞ良いお年をおむかえくださいね。

来年もよろしくお願いいたします。

2017/11/03点から全世界への波。

もちはだ本店、おかげさまで無事に、リニューアルを終えることができました♪

 

新しいサイト、いかがでしょうか?

 

お客さまから

「スマホでお買い物しているのだけれど、文字が小さすぎて先に進めないんです!!」

というお電話や

「前回購入した商品をみたいのだけれど、マイページありますか?」

というお問い合わせなど ココ数年、特に昨年あたりからたくさんいただくようになり、

皆さまにご不便をかけてしまっているなぁ。。。という思いを持ち続けていました。

 

14年間、増改築を繰り返し、たくさんの思い出を積み重ねることができたことに心から感謝しつつ、

これからの新しいステージに向けて、スマホで見ていただきやすいサイトへの全面建て替えは、

わたしの中ではマストでした。

 

今回のリニューアルでは、すでに「もちはだ」シーズンに突入していることもあり、

お買い物いただいているお客さまにご迷惑がかからないかということも心配のひとつでした。

 

切り替えの時間は、AM10:00。

東京では10:20には、新しいサイトに切り替わっていることを確認。

その時点では、和歌山の回線では旧サイトのまま。

10:30には、ココ加古川の事務所の回線では、新しいサイトが全て表示されていました。

このあとご注文は、新しいサイトからのものがつづいていたのですが、

午後に1件だけ旧サイトからのご注文。

その日は、様々なチェックに追われ、とりあえずの全ての修正が終わって倒れ込み爆睡(笑)

翌朝みると、真夜中に新サイトのご注文に混じって1件だけ旧サイトからのご注文が。

 

この現象、ご存知の方々にはあたり前かと思うのですが、

わたしは、なんとも言えない驚きがあったので、教えてもらったことをお伝えしたいと思います。

 

サーバーの切り替えは、

池にポトンと石を落としたときに波形が広がっていくようなイメージで、

全国、全世界へあたらしいサーバーの情報が広がっていくのです。

今回、おそらくサーバーが東京にあったのでしょうね。

 

とのこと。

ちなみに、午後と日が変わった真夜中に旧サイトからのご注文をいただいた方のご住所は

いずれも北海道でした。

 

おぉ~~

波が広がっていくんだぁ~~

デジタルのどちらかというと無機質なイメージのインターネットの世界に

やわらかな波模様がひろがっていくというのを想うと、ワクワクしてしまいました。

まぁ、確かに「電波」ではありますものね。

 

ということで、この数ヶ月、寝ても覚めてもリニューアルのことが 頭から離れなかった日々に一区切り。

いやいや。

すべての商品の登録は続きますし、

そして、また皆さまのご意見をうかがいながら、 よりもっと見やすくて使いやすいページにしていきたいとおもっています。

これからです!

 

みなさま、今後ともよろしくお願いいたします!

 

リニューアルに向けて行った六甲山のスタジオでの撮影風景です。

↓    ↓    ↓

2017/10/31いよいよです♪

もちはだ本店、2000年10月に開設、2003年6月に現在のサイトにリニューアルしてから14年。

いよいよ明日、大リニューアルを行います。

 

手作り感覚で始めたホームページが、17年を経て、

こんなに大がかりなリニューアルの日を迎えることができるとは、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

サイトを訪問してくださったお客さま。

ホームページからネットショップに成長していく過程を見守り支えてくださった方々。

そして、「あんなことしたい、こんなことしたい!」と気持ちが広がるわたしに力を合わせてきてくれたスタッフのみんな。

そんな多くの方々のおかげさまで、このワクワクドキドキの瞬間を迎えることができています。

本当にありがとうございます!

 

実のところ、今は、楽しみというより、明日無事に稼働してくれるかどうか、準備に抜けているところはないか、

そんなことばかり頭の中がぐるぐる。

メモ用紙とペンを部屋のあちこちに置いて、やらなくてはいけないことを思い出した瞬間に書き留めて、

それを実行することで自分を安心させているという感じです(笑)

 

新しいサイトは、PCはもちろんですが、スマホでの閲覧やお買い物をしていただきやすいことを重点に考えました。

きっと、今まで以上に「もちはだ」を知っていただけると思っています。

 

新しい「もちはだ」に、今後ともお付き合いのほどよろしくお願いいたします♪

 

明日、無事にリニューアルできますように。。。。。

 

 

2017/09/25ちょっとカッコいいもちはだできました♪

これからの季節にコーデを楽しんでいただけるそんなシンプルカッコいいニットシャツができました。

しかも。

今回は、クラウドファンディングに初挑戦!

もちはだ起毛の「あたたかさ」「着心地の良さ」はおすみつき!

今回のご予約注文の特徴は、
早くご注文をいただくほどオトクな価格でお買い物いただけるという流れにな

っています。

9/27日 am11:00~ スタート

40%オフ☆先着50名さま

30%オフ☆続いて100名さま
20%オフ☆・・・・・つづく。

といった感じです。
makuakeでのご予約をしていただくのに必要なことは、

makuakeでの会員登録
(約1分で入力できる簡単なものです)

です。

 

長年「もちはだ」を知っていただいているお客さまには、
ぜひ、40%オフでのゲットを目指していただきいて
11時開始直後をねらっていただきたい!

ぜひ、事前のご準備をよろしくお願いいたします♪

http://www.mochihada.co.jp/makuake2017.html

2017/09/20カギは、空気のたまり。 

娘のタイ旅行のお土産第2弾に、もんぺ型のパンツをもらいました!

このパンツ、とにかく、涼しい~!
全体的にかなりゆったりめのうすい生地で、長めの丈が足首のところでゴム口が止まる分さらに生地のたまりができる設計。
空気のたまりが多い分、身体の熱を逃してくれるのか、歩く度にそのたまった空気が外気と入れ替わるからなのか。
ホントに、涼しいのです。

で、ちょっと考えてみた。
「空気のたまり」という単語。どっかで聞いたことある。

そう。「もちはだ」。
もちはだが、めちゃあったかいのは、起毛部分に体温で温めた空気層(空気のたまり)を作って、全身を覆って外気を遮断するから。

涼しいバージョンは、その逆をいけばいい。
体温で温まった空気を身体に密着させないように外に逃がせ続ければ、めちゃ涼しい。

そうか。「空気のたまり」は、涼しさもつくれるんだ!!

って、何の発見でもないのだけれど、
ぼーっと目覚めた日曜日の朝、みょうに自分の中でストンときたのでした(^^)

このタイパンツ風パンツ。
正直に告白すると、娘がお友達へのお土産用に数枚買ってきていたもののうち、自分用に残していた中から1枚を分けてもらったというところです。
娘のものをおねだりする母の図。
「いいよ~♪」に「ありがと~♪」。
昔、娘の立場の自分と母との会話をふと思い出しました。

今日も、フツーの日常に感謝です。
皆さんも、良い休日を~♪

2017/07/18「考える」ということ。 

「考える」ということについて書かれてある本に出会いました。

あわてんぼうだった子ども時代、
算数の問題を解くのに、「落ち着いてよく考えてごらん」と
計算間違いや文章問題の意味の取り違えに、よく言われたものです。

でも。
「算数」の考えるというのは、与えられた問題について、
答えへの正しい道のりを知ること。
今おもうところの「考える」とはちょっと違う気がします。

大人の「考える」というのは、どういうことなんだろ。

この本によれば。
「問題」や「課題」を紐づく可能性のあるコトに出会えた時、敏感に反応できるように、
頭のどこかにずーっとアイドリング状態で置き続けておくことが
「考える」というこのとの一つのようです。
これなら、「1ヶ月考えてやっとわかった」「考えるのに5年かかりました」
という意味も理解できます。

出会って紐付けて生み出す=考える
いろいろなことに好奇心をもって外に飛び出し、
感度の良いアンテナを育てていけるように本を読み、
それらを瞬時に結びつけて自分のものが創れるように頭も心もやわらかく。
そうやって毎日つみかさねていけば、
いつか「考える」ということがわかる日が来てくれるかもしれないと思ったりするのです。

Hai♪もちママ以前の記事

    営業カレンダー営業カレンダー

    • warmbizバナー