商品カテゴリー

コラム - あったかコラムに花が咲く

内臓に優しく、暖かく

2019/03/01


 
普段でもお腹の調子があまりよくない私で、ショッピングモールや、普段と違う環境に対面するとお腹がゴロゴロ・・・ということがあります。
そんな日に限って外に出ると凍えるような寒い風・・・。きつすぎる冷房・・・。お腹が悲鳴を上げているなぁと感じます。
また、あなたの家族や、友人、恋人もそのような内臓から来る冷えに悩まされていませんか?
今回はそんな内臓冷えの悩みについて最近増えている男性の内臓冷えの原因と対策について考えていきましょう。
 

男性の内臓の冷えの原因

 
内臓の冷えにはいくつかの原因があります。
また、女性だけでなく男性にも冷え性が増えてきています。
例えばこのようなことがいえます。
 
・冷たい飲み物ばかり好んで飲む
・ストレスのある生活をしている
・暴飲暴食をしている
・不規則な生活を繰り返している
・睡眠不足
・運動不足
などがあげられます。
 
内臓が冷えると、疲れやすい、食欲がなくなる、免疫力が下がり風邪をひきやすくなるなど、冷え以外の症状も出てきてしまいます。
そんな症状が出る前にきちんと内臓を暖め、ケアをしてあげましょう。
 

内臓のに優しい冷え対策

 
1、 ゆっくり湯船につかる
 
ゆっくり湯船につかることは内臓を暖め、血流が良くなります。またシャワーで済ませるよりも、湯船につかると手足の冷えもなくなり、全身がぽかぽかとしてきます。それにより、就寝時に身体が冷えてなかなか寝付けないといった悩みも改善され一石二鳥というわけです。
 
2、 お腹周りを暖める肌着を身に着ける
 
お腹周りを暖める肌着といえば思い浮かぶものは「腹巻」ではないでしょうか?
腹巻は冷えている部分を直接暖めるだけでなく、長い腹巻であれば非常に冷えやすいとされている腎臓も暖めることができます。腎臓の働きをよくすることによって、体内の老廃物もきちんとろ過され、体外に排出されます。また、血液も綺麗に保つことができ、他の臓器にも良い影響をもたらします。
 
3、 飲み物はできれば常温にする、冷たい食事は極力避ける
 

 
男性に多いのが、「仕事終わりは、キンキンに冷えたビールを飲むのが日課!」「休憩時間は冷えた炭酸飲料を毎日必ず1本飲む!」などをよく耳にします。冷えたものを飲食し続けると、腸が冷え、お腹の調子が悪くなります。
冷たいものばかりではなく、朝にはコップ1杯の白湯を必ず飲む、常温の飲料を持参する。など腸に優しいことを始めてみましょう。
 
4、 まずは軽い運動を始めてみる
 
最近運動不足ではありませんか?筋肉量の増加により血流が良くなり、代謝が良くなります。
まずはできることから。例えば、車通勤を自転車通勤に変えてみる。エレベーターを使用せず階段に切り替える。簡単なスクワットを数回行う。入浴後にストレッチを行うなど、1人では続かなければ家族や友人のサポートを受けながら頑張ってみましょう。
 

営業カレンダー営業カレンダー

  • warmbizバナー
  • 調整用