商品カテゴリー

コラム

健康な心身を手に入れる理想的な暮らし

2019/01/06

スマホやITの普及により便利な生活を送れるようになった反面、“健康”な生活を送れていて、からだのどこにも不調のないひとはどれほどいるのでしょう。

いくら社会が便利になったからといって、自分自身のからだに不調があると本末転倒です。
心もからだも健康になるためには、情報社会に振り回されず正しい知識を身につけ、特にからだの声に耳を傾けてあげないといけません。

そこで健康的な生活を送るための最低必須事項を簡単にまとめてみました。
ご参考までに。

1 着るもの

 肌に優しい天然素材を選びましょう
 シルク(絹)・・吸湿性、放湿性に優れている
 コットン(綿)・・吸湿性に優れ、放湿のときに気化熱で涼しく感じる。保湿性があり温かい。強度が十分にあり、洗濯が容易。

2 食べるもの

からだを冷やす食べ物はNG。からだを芯から温めてくれる食べ物を選びましょう。

■ からだを冷やす(からだによくない)食べ物BEST5
・冷たい飲み物、多量のアルコール等
・旬な時期のものではない野菜や果物(特に水分の多い野菜や果物)
・日持ちする加工食品、インスタント食品
・アイスや甘いお菓子
・精白された白砂糖や白パン

■ からだを温める食べ物BEST5
・温かい汁物や飲み物
・旬な食材、果物
・根菜類とくに生姜はお勧め
・発酵食品
・紅茶、ほうじ茶、中国茶

寒い日には唐辛子がたっぷり入った「スープ」や「チゲ鍋」などが食べたくなることもありますよね。
唐辛子の辛味成分である「カプサイシン」は発汗効果が高いので汗をかき代謝が上がりますが、汗をかくと体は気化熱により、逆に体が冷えてしまう恐れもあるのでご注意を!

からだを温めるからと言って、そればかりに偏らないでバランスよく摂りましょう
特にNGなのは食べ過ぎです。腹六分、八分をこころがけて!

3 住む

冷暖房に頼りすぎないで過ごせるような、自然に近い住居環境が理想です。過剰な冷暖房に頼りすぎるのは禁物。
入浴時はシャワーだけで済まさず、湯船に浸かってからだを芯から温めるようにしましょう。半身浴、足湯は冷え取りにおすすめです。

4 寝るとき

布団やパジャマなど寝具選びは質の良い睡眠を得るためには必須です。枕の高さも自分のからだに合った高さを選びましょう。
寝るときに暑いからといって足を出して寝るのはNG。頭寒足熱という言葉があるように、足元は温めてあげましょう。

5 運動

運動をする機会が極端に少ないと筋肉量が低下し、新陳代謝の低下、低体温症、冷えなどの体の不調に繋がります。
適度な運動を習慣にして血行促進し新陳代謝を上げましょう。特に足腰をきたえるとGOOD。

6 嗜好品

煙草は百害あって一利なし。アルコールも適度には良いですが量は控えめに。
ビールやウイスキーよりは、赤ワインや日本酒がお勧めです。

7 ストレスフリー

ストレスは何よりも健康被害を及ぼします。何事も前向きに明るくとらえられる健康的な精神状態で過ごせるように心がけましょう。コツは笑顔と感謝の心です。

以上、健康的な生活を送れる事項を簡単に上げてみました。
毎日を少しでも不調のないからだで過ごせるのが一番の理想ですね。

営業カレンダー営業カレンダー

  • warmbizバナー