商品カテゴリー

コラム - あったかコラムに花が咲く

お家でアウトドア気分!おうちキャンプの魅力と楽しみ方

2020/07/10

新型コロナウイルスの影響で、以前のように気軽に外出できない日々がまだまだ続いていますが、緊急事態宣言が解除されたことによって学校や仕事が再開し、徐々に日常を取り戻しつつあります。
しかしながら、感染リスクが完全になくなったわけではわけではありません。さらなる感染拡大を防ぐためにも、新しい生活様式の実践をしていく必要があります。

そんな状況下で、以前のように気軽に出かけることができない分、自宅で充実した時間を過ごしたいものですよね。
そこでおすすめしたいのが「おうちキャンプ」です。
外出できない状況でも、お家でキャンプをすることで、おうち時間をより楽しく過ごすことができます。
今回は、「おうちキャンプ」を楽しむポイントや、揃えておきたい必要なアイテムなどをご紹介します。
休日のお家での過ごし方がマンネリ化してしまっている方や、違った遊びを楽しみたい方、外出気分を味わいたい方も、ぜひ参考にしてみてください。

おでかけ気分が楽しめる!おうちキャンプ5つの魅力

「おうちキャンプ」はその名の通り、自宅をキャンプ場にみたてて楽しむというもの。
今回の自粛期間中に、外出できないことがきっかけで始めた方も多いようです。
思った以上に楽しく、一度やり始めると「おうちキャンプ」にはまってしまう人もいるほど、たくさんの魅力があります。

荷物の持ち運びがないので、準備がラク!

キャンプ場でキャンプをする場合、準備が大変です。
必要な荷物を車に詰めたり、食材を買い出しに行ったりと、時間も手間もかかります。
キャンプ場で一泊するとなれば、それだけ用意するものも増えるので、準備をするだけで疲れてしまうことも…。
その点、おうちキャンプなら必要なものはほとんど揃っているので、準備がとても楽になります。
その上、トイレもお風呂もあり、とても快適に過ごせます
食材もあらかじめ購入して冷蔵庫に保管しておけば、クーラーボックスなどを準備する必要もありません。
移動はもちろん、後片付けも簡単!いつでも手軽に楽しめるのが、おうちキャンプのメリットと言えます。

虫が苦手な人でも楽しめる!

「キャンプをしてみたいけれど虫が苦手」という人も多いのではないでしょうか。
とくに女性は、虫や虫刺されが気になってキャンプを思う存分楽しめないという場合も少なくありません。
キャンプはもちろん、屋外で行うレジャーに虫はつきもの。
昼間は蚊などの小さな虫が、夜になるとライトに集まってくる蛾やカナブンなど、虫嫌いにはかなりハードルが高いと言えます。
それがおうちキャンプなら室内でもできるので、虫が苦手な方でも心配いりません。
また、エアコンをつければ快適な温度のなかキャンプ気分を味わうこともできます

大人気!おすすめのUVカット&虫除け!完全防備ロングアームカバー。手のマスクはこちら >  UVカット&虫除け!完全防備ロングアームカバー。手のマスク

天候に左右されず、好きなときにできる

キャンプの大敵となるのが、「天気」です。
基本的にキャンプは屋外で行うものなので、雨が降ってきた場合、準備はもちろんキャンプそのものも大変です。
あまりにも悪天候だと、キャンプそのものを見送らなければならない場合もあります。
前々からスケジュールを組んでせっかく準備をしていても、天気のせいで中止にせざるを得ないこともあります。
その点おうちキャンプなら、自宅の庭やバルコニーのほか、お部屋でもできるので、天候を心配することなく楽しめるメリットがあります。

小さい子どもがいても一緒に楽しめる

せっかくキャンプをするなら、家族みんなで楽しみたいもの。
テントのなかで遊ぶだけで、子どもはワクワクします。
ですが、お子様連れのキャンプは何かと大変で、トラブルがつきものです。
用意するものも多く、子どもの面倒を見ながら準備を進めなければならず、出かける前にすでにグッタリ…ということも。
その点おうちキャンプなら、テントや食材や着替えなどの大量の荷物を詰めたり運んだりしなくてもよいので、キャンプをする前に疲れてしまうこともありません。
また子どもが汚しても、お風呂場に直行すれば問題なし。
ストレスなく、キャンプを楽しむことができます。
さらに、おうちの中でエアコンをつけていれば熱中症の心配をすることなく、安心してキャンプが楽しめます。

おうちキャンプを楽しむ5つのポイント

実際に、おうちキャンプをしようと思ったら、まずは何から準備をすればよいのでしょうか。
おうちキャンプを楽しむには、アイテムの準備や雰囲気づくりが大切です。

1.キャンプ気分が味わえるアイテムを揃える

まずは、おうちキャンプにはキャンプ用品が欠かせません
キャンプ用品を準備するだけでも、かなりアウトドア気分が味わえます。
場所は家でも、お出かけしてキャンプをするときと同じような環境に近づけることで、キャンプ感を楽しむことができます。

キャンプが好きで、すでにキャンプ用品が家にある人は、持っているものを使って、キャンプを再現してみましょう。
キャンプ用品を持っていない人は、以下のアイテムを用意するだけでも、かなりキャンプ気分が味わえます。

<おうちキャンプで揃えておきたいキャンプ用品>

テント、レジャーシート、ランタン、キャンプチェア

テントは最低限用意しておきたいアイテムです。
家にテントを張るだけでも、キャンプ場に行ったかのような雰囲気が味わえます。
また、キャンプチェアもあると尚良いでしょう。
自宅のダイニングテーブルで食事をするのではなく、キャンプチェアに座って食事をしたり、コーヒーを飲んだりすることで、より美味しく感じられます。

キャンプ用品はお手頃のものから高額のものまでありますが、予算の範囲内で揃えることができるものだけでも十分です。
よりキャンプ感を味わいたい方は、次のものも用意しておくと更にキャンプ感が高まります。

<あればよりキャンプ感が高まるもの>

クーラーボックス、コンロ、寝袋(シュラフ)、ローテーブル、キャンプ向けの調理器具

2.キャンプで作るような食事を用意する

おうちキャンプとはいえ、いつも通りの食事をするのはなんだか味気ないものですよね。
せっかくなら、食べるものもキャンプ寄りのものを準備すると、よりキャンプに行った気分になれます。

おすすめなのは、キャンプの定番「バーベキュー」です。
お肉や野菜を焼いて、みんなでワイワイ食べながらビールを飲むだけでも、かなりキャンプに近づけます。
庭にコンロを出してバーベキューができればより本格的になりますが、ない場合はホットプレートでも十分です。
ホットプレートなら、室内でおうちキャンプをするときにも役立ちます。
お家だからこそ、いつもより少し良いお肉や海鮮を用意するのも、贅沢なキャンプが楽しめるのでおすすめです。

また、バーベキュー以外にも、カレーやスぺアリブ、パエリアといったメニューもキャンプ向き。
使うお皿も木や紙皿に変えるだけで、いつもの食事とは違う雰囲気になり、より美味しく感じられます。

3.テントのなかに泊まる

せっかくテントを出したのなら、いつもの布団で寝るのではなく、寝袋を使ってテントの中に泊まりましょう
旅行にしてもキャンプにしても、いつもと違った場所で寝るのは、テンションが上がるものです。
特に子どもは、テントのなかにいるだけでも特別感があって喜んでくれるでしょう。

テントのなかで、食事、遊び、そして寝るまで1日を過ごせば、キャンプに行った想い出が作れること間違いなしです。

4.生活感のあるものをできるだけ隠す

キャンプの醍醐味は、自然やテントのなかでリラックスしながら“非日常を楽しめる”ということです。
そのため、おうちキャンプをするときは、できるだけ生活感を感じさせるものが見えないほうが、より本格的なキャンプの雰囲気を味わえます。

5.自然音(BGM)や自然の映像を流す

アイテムを揃えて食事を用意して、せっかくキャンプ気分が高まったのなら、いつも通りテレビやスマホで動画を見たりするのは避けたいものです。
しかしテレビやスマホも、使いようによっては、さらにキャンプ気分が盛り上がるアイテムにもなります。
おうちキャンプではどうしても再現するのが難しい「キャンプ音」をスマホやテレビで流すと、思っている以上にキャンプ感がUPします!
鳥のさえずりや虫のなきごえ、川のせせらぎ音など、キャンプ場にいると耳に入ってくる自然の中の音をスピーカーで流すだけで、自宅がキャンプ場に早変わり。
また、テレビの大きな画面を使って、焚き火や川が流れる冷蔵を流すと、臨場感も味わえます。
こういったキャンプ動画は、ネット上でたくさんアップされています。
お金も手間もかけずにキャンプの雰囲気が高まるのでおすすめです。

スタイル別!おうちキャンプの楽しみ方

おうちキャンプの楽しみ方がわかったら、次は実際にやってみましょう。
おうちキャンプのやり方は、大きく分けて3つ。
自宅の庭で楽しむ「庭キャンプ」、ベランダやバルコニーで楽しむ「ベランピング」、そして部屋のなかで楽しむ「部屋キャンプ」があります。
どれも自宅でキャンプをすることに変わりはありませんが、楽しみ方はそれぞれ違います。
どの方法が一番楽しめるかは、環境などによっても異なるので、自分に合った方法を見つけましょう。

庭キャンプ

庭キャンプは、名前の通り、自宅の庭をキャンプ場に見立てて行う方法です。
そもそもキャンプは緑の多い自然の中ですることが多く、庭キャンプは一番本格的なキャンプをすることができます。
外にテントを張ると開放感がありとても気持ちが良く、非日常を味わうことができます。
準備の手間をかけずに、アウトドアを楽しめるのは庭キャンプならでは。
小さい子どもがいて、キャンプ場に行くのは難しいという人も、庭キャンプなら安全に楽しめます。

ベランピング

ベランピングは、自宅のベランダやバルコニーを使って楽しむ方法です。
庭キャンプ同様外で行う分、開放感が味わえリフレッシュすることができます。
ベランダキャンプをするときは、テントは部屋に設置して、チェアやテーブルをベランダ・バルコニーに置くのがポイント。
部屋をうまく使ってスペースを分けることで、家がキャンプ場の雰囲気になります。
ベランダキャンプなら庭がなくても、マンションやアパートでも十分可能です。

注意したいのが、小さい子どもがいる場合、転落しないようしっかり対策をしてから楽しみましょう。

部屋キャンプ

部屋キャンプは、室内でキャンプを楽しむ方法です。
庭キャンプやベランピングとは違って、完全に家のなかで行います。
「家のなかでキャンプは難しい」というイメージのある方も少なくないかと思いますが、色々と工夫をすれば、室内でもちゃんとキャンプ気分が味わえるものです。
部屋のなかにテントを設置して、アウトドア用のテーブルやチェアを置くだけでも、かなり雰囲気が出ます。
さらに、部屋の電気を消してランタンの灯りをともしたり、テレビで焚火の映像を流したりすれば、よりアウトドア気分もUP!

部屋キャンプなら最低限テントが張れるスペースがあればOkですし、天候に左右されることもありません。
室内なので、テントなどのアイテムが汚れることもなく、後片付けも楽チンです。
いつも使っている寝室にテントを張り、そのなかで寝るだけでもいつもと違った雰囲気が味わうことができ、キャンプに行った気分を味わえます。

まとめ

外出自粛が続き、家で過ごす時間が多くなると、どうしても過ごし方がマンネリ化してきてしまいます。
そんな「おうち時間」に疲れてきたら、ぜひおうちキャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか。
実際にキャンプ場へ行けなくても、テントのなかで過ごしたり、キャンプ飯を食べたりするだけでもリフレッシュできます。
これからキャンプを始めたい人の予行練習としても最適です。
おうちキャンプなら子どもがいても手軽に楽しめますので、ぜひ試してみてください。

[ライター:natumama]

▼ 関連記事

■ 長期化するテレワークで疲れを溜めないコツ >
■ おうち時間を元気に過ごすレシピ!不安やストレスにオススメの食材もご紹介 >
■ 健康な心身を手に入れる理想的な暮らし >
■ 自然の音のヒーリング効果とは?溜まっているストレスをゆっくり溶かそう >
■ ココロとカラダの不調、実は首の疲れが原因かも!? >

営業カレンダー営業カレンダー

  • warmbizバナー
  • 調整用