商品カテゴリー

コラム - あったかコラムに花が咲く

自然の音のヒーリング効果とは?溜まっているストレスをゆっくり溶かそう

2019/09/13

自然の中で目を閉じて深呼吸…。
耳を澄ますとせせらぎの音や波の音、小鳥たちのさえずる声が聞こえてきて、幸せな気持ちになったことはありませんか?
それが、自然の音のヒーリング(癒し)効果です。

今回は、リラクゼーションの観点から、自然の音のヒーリング効果の仕組み、自然の音の持つ「1/fゆらぎ」という特性について解説します。
さらにヒーリングにおすすめの自然の音も紹介しますので、日常生活の中でリラックスをする方法のひとつとしてぜひ取り入れてみてくださいね。

音のヒーリング効果とは?

音や音楽には雰囲気を明るくしたり、楽しくしたりするなど様々な効果がありますが、ヒーリング(癒し)効果もそのひとつです。

音のヒーリング効果についてみていくと、その起源は古代ローマにまで遡ることができます。
古代ローマでは音楽を「心の薬」として治療に使っていたという記録が残っているのです。
具体的な治療法は、患者の胸に大きな縦笛のような楽器を押し当て、その上で楽器を演奏するというもの。
つまり、心があるとされる胸の部分に音を直に届けて治療するという方法です。

また現代においても、音楽は認知症患者への良い刺激になるという報告もあります。
音楽がきっかけとなりQOL(生活の質)やADL(日常生活動作)が改善するだけでなく、それぞれの音楽歴に応じた曲、例えば青春の頃に流行した曲などを流すとさらに効果が高まるということがわかっています。

このことから現代では音楽療法は有益な治療法と認識され、老人ホームや病院施設などで用いられているほか、自閉症や失語症、うつ病の治療や緩和にも取り入れられています。
このように、音や音楽には人間の心身に大きな癒しの影響を与えるパワーがあるのです。

とはいえ、音や音楽には病気を治す直接的な治療効果があるわけではありません。
音や音楽の持つヒーリング効果で、生活の質を向上させ、日常生活における辛いストレス症状を軽減させることができるという仕組みです。

自然の音が持つヒーリング効果

音や音楽にはヒーリング効果がありますが、特に自然の音には不安な心を落ち着かせてくれる働きがあります。

日ごろは自然から離れて生活している人でも、波の音、小鳥の鳴き声や小川のせせらぎ、葉がこすれる音など自然が生み出す音を聞くと気持ちが穏やかになったという経験があるのではないでしょうか。。

その理由は、私たちは自然の一部であるからです。
このことは、私たちは自然の力に生かされ生きていくことをまさに証明していると言えます。

音や音楽を私たちが心地よい、癒されると感じるには「1/fゆらぎ」という超音波が関わっています。
ここからは、音や音楽と「1/fゆらぎ」が人体に及ぼす関係性とその効果についてみていきましょう。

自然音のヒーリング効果、「1/fゆらぎ」との関係性

私たち人間は海や森などが奏でる自然の音に触れると、心も体も元気になります。
それは一体どういう仕組みなのでしょうか。

実は、自然の音には緩やかに変化する「1/fゆらぎ」(エフぶんのいちゆらぎ)」と呼ばれる特性があり、その性質により私たちは心地よいと感じるのです。

「1/fゆらぎの定義は、パワー(スペクトル密度)が周波数fに反比例するゆらぎのこと。ただしfは0より大きい、有限な範囲をとるものとする」
引用元:1/fゆらぎ – フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

簡単にいうと、自然の音はいずれも一定のようでいて、実は予測できない不規則なゆらぎがある、ということです。
規則的なものと不規則なものが調和した状態が「1/fゆらぎ」とい言い換えることもできます。

心拍や血圧、体温は規則的な変動をくり返していて、私たち人間の体のリズムも基本的に「1/fゆらぎ」になっています。
ですから音や音楽を通して外界から「1/fゆらぎ」を感知し、生体リズムと共鳴し合うことで、自律神経が整えられ、 精神が安定すると考えられています。

特に自然界の「1/fゆらぎ」音を聞くと、脳内がα波の状態になり、人間の体にヒーリング効果をもたらすという研究報告もあります。
また、脳内がα波の状態になると、ヒーリング効果だけでなく、ストレス解消や集中力の向上、さらには免疫力の向上に至る効果も期待できます。

現在、「1/fゆらぎ」の効果は世界中で研究されており、「1/fゆらぎに関する国際シンポジウム」が 40年以上にわたって2年ごとに世界各国持ちまわりで開催されているほどです。
自然の音が持つ「1/fゆらぎ」のヒーリング効果は今後さらに重要視され、関係性はますます深くなっていくことでしょう。

雨音でヒーリング効果を感じる理由とは?

自然の音にはヒーリング効果があり、またそれには「1/fゆらぎ」が関わっていることをみてきました。

もう少し詳しく、具体的例を挙げて解説します。
ここでは、雨音についてみていきましょう。

雨の降る夜は、「布団に入ってから寝付くまでの時間がいつもよりも短い気がする」と感じた経験はありませんか。
それは、偶然でも気のせいでもありません。

実際に雨の音には気持ちを癒す効果があり、そのためしとしとと降り続ける雨の音を聞いていると次第に気持ちが落ち着き安眠を促します。

雨の音は均一なようでいて実際には強くなったり弱くなったり、細かく変化を繰り返しています。
じっと雨の音に耳を澄ませていると分かりますが、ひとつひとつの雨粒の大きさの違いだったり、地面にあたる途中で風に吹かれることがあったり、同じ雨粒でもアスファルトや砂や草木などどこに雫が落ちるかによって跳ね返る音が異なることに気がつくでしょう。

それが雨音の持つ「1/fゆらぎ」の特性です。

雨降りの日には、静かに雨音に耳を傾けることはもちろん、たまには雨粒が地面に落ちる様子を眺めてみると、さらに深い癒し効果を得ることができるかもしれませんね。

ヒーリング効果の高い自然の音、おすすめ3選

私たちの気持ちを落ち着かせてくれる癒しの音にはどのようなものがあるのでしょうか。

自然界にあふれる音は全体から見ると規則的にも聞こえますが、物差しで計ったように規則的な音ではありません。
そうかと言って完全にランダムな音でもない、絶妙なリズム「1/fゆらぎ」によって構成されています。

特に、ヒーリング効果の高い自然の音は以下の3つです。

・ 波の音

波の音には「1/fゆらぎ」があり、安らぎを感じることができます。

水面が穏やかに揺れ、時には激しく白波を立て水面に消えていく…寄せては返す波音は不安やストレスを一緒にさらってくれるような感覚を持つことでしょう。

また実は、波の音は、母親の胎内の音に良く似ているのです。
そのため、波の音をきくことで母親の胎内回帰をしたような安心感を覚え、リラックスできるとも言われています。

・ 雨の音

雨の音には、きっちりとした規則性はないもののある一定のリズムを持つ「1/fゆらぎ」があります。

雨の音は、水滴が次々に落ちて流れる音です。
そのため、雨の音によって水で洗い流されるイメージを持つこともできるでしょう。

このことにより、鬱屈とした心や身体的な疲れなどを洗い流してすっきりした気持ちになれるため、雨の音に耳を傾けることはヒーリングに適しています。

・ 鳥のさえずり

鳥のさえずりにも「1/fゆらぎ」の特性があり、人の心を優しく和ませてくれる効果があります。

緑あふれる自然の中を自由に飛び交い、美しい声を聞かせてくれる鳥たち。
鳥のさえずりを聞くだけで、自宅がまるで自然の中に佇むホテルや別荘のようなぜいたくな場所に一変します。

たくさんの鳥たちのさえずりは清々しい朝の高原をイメージさせ、たとえ寝不足や徹夜明けであっても、頭がクリアになり気持ちも爽やかに元気になることでしょう。

自然の音が持つヒーリングの具体的な効能3つ

自然の音が心理的に心を癒す力をもつことはよく知られていますが、その効能について具体的にみていきましょう。

・ 筋肉の緊張を和らげる

自然の音には筋肉の緊張を和らげ、体の強ばりをほぐす働きがあります。

テンポの早い生活のリズムの中で生きる私たち現代人は、 力を抜く時間を持てずまた力を抜いているつもりでも無意識に力が入ってしまい、体の緊張がとれない状態が続いていることも多いものです。

ストレスが蓄積されてしまう前に、体に本来備わっている回復力を活性化するためにリラックスする時間を持つことは大切なことです。

自然から生まれ、自然の一部ともいえる私たち人間にとって、自然の音は自分の体や皮膚感覚で受け入れられるはずです。
忙しい時こそ自然の音を聞いて、心身の疲れをゆるやかにほぐすようにしましょう。

・ ストレスを軽減するセロトニン分泌が促進される

自然の音には、ストレスを軽減するセロトニン分泌を促進する働きがあります。

人体生理学や精神神経免疫学の最近の研究では、リラックスして笑ったり心地よいと感じたりしているとき、セロトニンが分泌され、自律神経系や免疫機構、代謝機能などが活性化されることがわかっています。
このことから、精神状態のアンバランスが誘発する、抑うつ、不安、睡眠障害、過食といった症状の軽減が期待できます。

また、心と体の緊張をゆるめリラックスすることで、肌のコンデションがよくなるなど美容面での効果も確かめられています。

・ 脳内のエンドルフィンの分泌を活性化

自然の音には脳内のエンドルフィンの分泌を活性化させる働きがあります。

エンドルフィンは「自然の鎮痛剤」とも呼ばれ、脳内で機能する神経伝達物質のひとつです。
そのエンドルフィンの分泌が活性化するということは、幸福感に包まれる状態です。

心地よい自然の音が憂鬱とした気分を高揚させたり痛みを和らげたりすることで、心身の疲労回復につながります。

もともと人間は、自然の恵みを糧にして自然とともに暮らしてきました。
日頃はつい忘れがちではありますが、時を経てもその本質は変わりません。
自然の音がヒーリング効果をもたらすという確かな事実は、私たちが自然の一部であることを再認識させ、私たちの奥底に眠っている遠く懐かしい記憶を呼び覚ましてくれることでしょう。

自然音以外のヒーリング音楽

自然界の音以外にも、ヒーリング効果のある音があります。
それが、ヒーリング音楽です。

人間は自分と同じ感情やリズムを持っているものに対して、親しみを覚えるとともにホッとして癒される傾向があります。
そういった意味において、クラシックミュージックはヒーリング効果の高い音楽です。

特にモーツァルトの音楽は、規則性と不規則性を1つのリズムとしてうまく整合しているとされています。
モーツアルトの音楽は「1/fゆらぎ」の特性を持ち、自然の音にとても近い性質を持っているのです。

モーツアルトの音楽を聞けば、清らかな水が地面にしみこむように心に浸透していくはずです。
そして吸収された音は、神経を通じて全身を巡ることでしょう。

「1/fゆらぎ」の特性を持つヒーリング音楽には緊張がほぐれる、精神的に程よくリラックスすることができるというだけでなく、知能指数や記憶力、認知機能のアップなどの効果も期待できます。

寝る直前までTVやパソコン、携帯電話をみているという人は多いのではないでしょうか。

「睡眠時間は取れているのに疲れが取れない」「寝つきが悪い」「夜中に何度も目がさめる」などの症状がある場合は、寝る直前に頭や目を酷使する習慣をやめて、ヒーリング効果の高い自然の音やクラシック音楽をかけることをおすすめします。

また、「1/f ゆらぎ」の声を持つと言われているアーティストの音楽を聞くのもいいでしょう。

眠れない夜やストレスを感じる時にはいつもより穏やかな気持ちで休むようにして、「1/fゆらぎ」の特性を持つ自然の音や音楽をBGMに、心癒されるひとときを過ごしてみてくださいね。

まとめ

自分を落ち着けたいとき、疲れすぎて思考停止に陥ってしまったときには、ヒーリングタイムを設けて自然の音を聞いてみて下さい。

自然が近くにある方は、何も考えずにぶらぶらと歩いてみるのもいいでしょう。
自然が近くにない場合は、ヘッドホンで自然の音を30分くらい聞くことをおすすめします。

できれば部屋の明かりは暗くして、目を閉じて自然の音に身を任せましょう。
一瞬のうちに気分が回復することはなくても、自然の音を聞く前とはきっと心の重さが違うはずです。
「1/fゆらぎ」を含む自然の音や音楽を繰り返して聞いているうちに、心が落ち着き自然とリラックスできるでしょう。
ぜひ日常生活の中に取り入れてみてください。

[ライター:古山まり]

営業カレンダー営業カレンダー

  • warmbizバナー
  • 調整用