商品カテゴリー

コラム - あったかコラムに花が咲く

髪に紫外線がNGなワケ!効果的な対策と内側から強くする食べ物

2021/06/23

「パサパサ乾燥した髪をツヤサラ美髪にしたい」と考えた時に、真っ先にしてほしい対策が“髪の紫外線対策”です。
実は髪の紫外線対策は見落とされがちな一方で、重要な髪ケアのひとつ。
更に、髪の紫外線対策を怠ってしまうと、せっかく頑張っていたヘアケアが全て水の泡になってしまう場合もあるので中々侮れません。
そこで今回は、美髪を目指すために欠かせない髪の紫外線対策を解説していきます。
「なぜ髪にも紫外線対策が必要なのか」「どのように紫外線対策を行えば良いのか」という疑問や、ダメージに強い髪になるための食べ物などもご紹介していきます。是非、普段の髪ケアに取り入れてみてください。

髪に紫外線はNG!意外な影響

私たちの髪は紫外線を浴びるだけで、乾燥、強度低下、色や光沢を失うなどの影響を受けてしまいます。
紫外線は太陽光の一部なので、日中屋外に出るだけで紫外線を体に浴びている状態となります。
特に髪の毛は、体の中で真っ先に紫外線を浴びるため、紫外線の影響を受けやすくなります。
それなのに普段私たちは肌への影響を考え日焼け止めを塗るにも関わらず、髪の紫外線対策は見落としがち。これではいくら髪のケアを頑張っても美髪には近づけません。

紫外線ダメージを受けた髪はどうなるの?

紫外線ダメージを負うと、乾燥や強度低下、色や光沢を失うなどの影響がありますが、もっと詳しく言うと以下のような症状が出てきます。

☑  髪がごわごわ、まとまらない
☑  乾燥して静電気がバチバチおきやすい
☑  ツヤがなく、なめらかさがない
☑  ヘアカラーをしてもすぐに色が落ちる・くすむ

このような症状は、紫外線を受けることで生産されるシステイン酸が、健康な髪には欠かせないシスチン結合を切ることで生じます。困ったことにこの症状は、一度起こると元に戻せないというデメリットがあるのです。
つまり、一度紫外線の影響を受けた髪は元の状態には戻らないという事です。
日頃あらゆる髪のケアを頑張っても中々美髪にならないという場合は、既に紫外線の影響を受けて元には戻らない状況に陥っているのかもしれません。
しかし、安心してください。
一度受けた紫外線の影響は元に戻せなくても、私たちの髪はこれから先も伸び続け、成長し続けます。今からきちんと紫外線対策をしておくことで、将来的に美髪になることは可能です。
一度傷んでしまった髪を今すぐ美髪に修復するのは難しいですが、将来的に美髪になるため、今すぐ紫外線対策を始めましょう。

髪を守る!紫外線対策

紫外線から髪を守るため、3つのポイントを押さえましょう。

1. 外出時はUVスプレーと帽子で予防する
2. 紫外線の多い時間帯や時期を知る
3. 分け目を定期的に変えてみる

この3つのポイントを押さえるだけで、髪へのダメージがぐっと減り、今後新しく生えてくる髪を美髪へと導いてくれます。

外出時はUVスプレーと帽子で予防

一番の紫外線対策は、紫外線自体をシャットアウトすることです。
ツバの広い帽子を被ることは勿論、日焼け止めUVカットスプレーを髪にもスプレーことで、髪へ紫外線を届きづらくすることができます。
帽子だけだとはみ出た髪や、下からの照り返しで届く紫外線を防止しきれないため、UVカットスプレーと併用するのがおすすめです。
髪への紫外線は顔の5倍とも言われています。ここでしっかりと紫外線対策をして、美髪に近づけていきましょう。

紫外線対策の帽子を選ぶポイント

☑  最も紫外線を通さない黒色がベスト
☑  UVカット加工帽子なら何色でも良い
☑  UVカットコーティングされた帽子によっては1年ごとに買い替える
☑  ハット型でツバが7cm~10cmのものがオススメ

紫外線対策で帽子を選ぶ際は、黒色に近い色のものがオススメです。
というのも、色ごとに紫外線の透過率が違っていて、白は最も通しやすく黒が最も通しづらいからです。
これは服なども同じなので、できるだけ肌を焼きたくない場合には黒い服を着ると良いでしょう。
ただし、UVカット機能がついている場合は、黒系にこだわることなく好きなカラーを選べるので嬉しいですね。
気をつけたいのは、UVカット機能の中でも、「UVカット線維を織り込んだ素材」のものではなく、「UVカットコーティング」をしただけのものは、洗濯するたびに効果が薄れるので注意しましょう。
その意味ではコーティングが薄れても効果を発揮するダーク色のものが良いかもしれませんが、黒は紫外線を通さない一方で熱を吸収しやすいデメリットもあります。
夏はできるだけ涼しくいたい場合は、熱を吸収しづらい白に近い色で、なおかつUVカットされているものを選び、1年ごとに買いなおすのが良いでしょう。

帽子の場合はツバの長さも見ておきたいですね。
UVカットされていてもツバが短ければガードできる範囲も少なくなってしまいます。紫外線対策で帽子を買うなら、70%以上の紫外線カットが見込めるハット型の7cm~10cmのものがおすすめです。

髪にオススメ!UVスプレーの選び方

☑  頭皮にも使えるかチェック
☑  髪にダメージを負わせないようつけたらその日のうちにシャンプーをして落とす

一般的なUVスプレーは基本的に髪にも使えるので、どのUVスプレーを使っても問題ないと言えます。
ただ紫外線は髪だけではなく、頭皮にも影響を与えてしまいます。
頭皮は髪が元気に生えてくるための土台です。
ここがダメージを受けてしまうと、元気な髪も生えようがなくなってしまいます。
そうならないためにも、頭皮の紫外線対策もばっちりできる頭皮にも使えるUVスプレーを選ぶのがポイントです。
頭皮に使えるかどうか必ず見ておきましょう。

UVスプレーをするときは15cmほど離し、髪全体にふりかけます。
帽子を被らない場合は、頭頂部や分け目に念入りにふりかけてあげると良いでしょう。

また、UVスプレーは紫外線から髪を守ってくれますが、つけっぱなしにしておくと髪にはまた別のダメージが蓄積してしまいます。
そのためUVスプレーをした日は必ずその日のうちにオフすることも大切です。
とはいえ、UVスプレーはミルクやジェルタイプの日焼け止めとは違い、落ちやすいのも特徴なのでゴシゴシ強く洗う必要はありません。
いつものように、優しく髪を労わりながら洗い上げましょう。

紫外線の多い時間帯や時期を知る

紫外線対策とうまく付き合っていくためには、紫外線の多い時間帯や時期を知ることも大切です。
紫外線の強さについては、気象庁がデータを出してくれています。
気象庁によれば、紫外線は3月から強くなり、5月から7月にかけピークを迎えますが、7月を過ぎれば紫外線が弱くなるわけではなく、8月~9月も5月~6月並みの紫外線量となっているので注意しましょう。
時間帯で言えば10時から14時ごろが最も強くなっています。
このような紫外線の強い時期や時間帯は、特に気をつけて紫外線対策をしていきましょう。
例えば、2~3時間おきにUVスプレーをかけなおすなどの工夫をしたり、帽子を鞄に忍ばせ、紫外線が強い時間帯に被るなどもオススメです。

曇りや雨の日も要注意

一見、紫外線とは無縁そうな曇りや雨の日も実は紫外線は降り注いでいます。
曇りの場合は快晴時の50~60%ですが、雲の間から太陽が出ている場合は散乱光が加わり、快晴の時よりも紫外線が多いことがあるので注意が必要です。
紫外線は太陽の光の中に含まれているため、太陽が沈む夜以外は紫外線対策をした方が良さそうですね。
また、紫外線は窓ガラスも通すので、室内にずっといる場合も注意が必要です。

余談になりますが、スマホやパソコンから出ているブルーライトは紫外線に近い波長を持っているため、パソコンやスマホを扱う時間が多い方も紫外線対策が必要です。
ただし、パソコンやスマホの場合はブルーライトカットフィルムなども販売されていますので、直接髪や肌の対策をするのではなく、フィルムなどを活用すると簡単に対策をすることができます。

分け目を定期的に変えてみる

元気な髪は元気な頭皮から生えてくるので、頭皮にも極力ダメージを溜めすぎないことが大切です。
頭皮の中で一番ダメージを受けやすいのは、無防備な分け目です。
他の頭皮とは違って髪からのガードがないため、ダイレクトに紫外線の影響を受けてしまいます。

分け目をずっと変えないという事は、常に同じ部分へのダメージが続くという事でもあり、ダメージを回復しきれていないところにまた新たなダメージを受けている状態と言えます。
これを繰り返していると、分け目部分は頭皮の状態が悪くなってしまいます。新しく生えてくる髪にも元気がなくなり、分け目が薄い印象になってしまうことも。

分け目のダメージ蓄積を避けるためにはUVカットスプレーなども有効ですが、最も簡単なケアは分け目を定期的に変えることです。
定期的に変えることでダメージを負った頭皮は十分休むことができるので、良い状態を保ちやすくなります。
できるだけ分け目を変えたくない方は、いつもの1cm横に変えるだけでもいいのでぜひ試してみてください。

安心の日本製!スタッフおすすめのcocoonfit シルク おやすみキャップはこちら > cocoonfit シルク おやすみキャップ

ダメージを通しづらい髪に!紫外線対策にオススメの食べ物

外からケアできる紫外線対策以外にも、体の中からできる紫外線対策もあるのでご紹介します。

紫外線対策で摂取したい食べ物というのは、紫外線に負けない髪づくりに欠かせない成分が入っている食べ物ということです。まずはどの成分が良いのかを見ていきましょう。
紫外線対策で摂取したい成分は以下の3種です。

☑  ビタミンC
☑  ビタミンE
☑  βカロテン

何故これらの成分が良いのか、どの食べ物に含まれているかなども含め解説します。

ビタミンC

ビタミンCは、主にブロッコリー、カリフラワー、赤ピーマン、レタス、いちご、アセロラ、キウイ、レモンなどに含まれている成分です。
ビタミンCは美肌作りに欠かせない成分だということは有名ですが、肌の他にも健康な髪や血管にも欠かせないコラーゲン生成のために必要成分なので積極的に摂っていきたいですね。

ビタミンCは体内で作ることができない成分ですので、食べ物から摂取する必要があります。
特に、髪や頭皮の細胞同士の結びつきにも必要となるので、健康美髪を手に入れるためにはぜひチェックしておきましょう。

また、ビタミンCは毎日必要な成分なので、一度に大量に摂取するのではなく、こまめに摂るように心がけましょう。
さらに、ビタミンCは熱に弱いので茹でたり炒めたりすることで減ってしまいます。
毎日同じ量だけ摂取するためには、サプリメントを併用するのもオススメです。

ビタミンE

ビタミンEは、アーモンドや落花生、かぼちゃ、アボカド、卵などに多く含まれている成分で、強い抗酸化作用を持っています。
抗酸化作用は老化の元である酸化を防ぐ働きですので積極的に摂り入れましょう。
ビタミンEは、髪そのものというよりは髪を育てる頭皮にオススメの成分です。
血行促進の働きもありますから、元気な髪を生やすためにも必須と言えるでしょう。
抜け毛改善や白髪を減らすなどの効果も見込める成分なので、こちらも毎日コツコツ摂取して美しい髪を育てていきましょう。

βカロテン

βカロテンは、人参やカボチャ、ブロッコリー、小松菜、ほうれん草、ピーマンやみかんなどに含まれている抗酸化作用のある成分です。
抗酸化作用と言えば上でご説明したビタミンEもありますが、βカロテンはビタミンAに必要な分だけ変換される性質も持っていますので、βカロテンだけでビタミンAとβカロテン、両方の働きができる優秀な成分と言えます。
ビタミンEはビタミンA、ビタミンCと一緒に摂ると相乗効果が得られるのでビタミンAの働きをするβカロテンも積極的に摂取したい成分です。

まとめ

髪は体の中で一番紫外線を受けていますが、紫外線対策を見落としがちな部分でもあります。健康な美髪を手に入れるためにも、忘れずしっかり紫外線対策をしていきましょう。

[ライター:yumeko]

= もちはだコラム厳選 =

営業カレンダー営業カレンダー

  • warmbizバナー
  • 調整用